布ぞうり1
布ぞうり・手作りキット通信販売布ぞうりオーダーメイド
布ぞうり「ホッとするぞうり」とは

編み芯にパイプ状部品を使った室内履き用タオル布ぞうりです。

外反母趾に悩んでいたことから、布ぞうりを編み始め、履き心地のよさを追求した結果、タオルで編んだ布ぞうり「ホッとするぞうり」を考案するにいたりました。
一番の特徴は、編み芯にあります。通常、布ぞうりの編み芯といえば荷造り用のひもなどを使用するものが多い中、「ホッとするぞうり」は編み芯にパイプ状部品を使用! 程よいクッション性と耐久性を実現しました。詳しくは上メニューの「ホッとするぞうり特徴」をご覧下さい。
糸くずが出ないようにすべてタオルの端をミシンで処理をし、1足1足丁寧に手作りしていますので、多くても1日に2足ずつ程度しか編めません。数量限定商品です。
※ホッとするぞうりは実用新案登録商品です

パイプ状の編み芯

タオルでふわふわ優しい履き心地

タオルで編んでいますので履き心地はふわふわと気持ちよく、タオルの鼻緒は足の甲にあたる部分にスポンジを入れ(布鼻緒には荷造り用ひもが入っています)、鼻緒交差部分の部品はシリコンを使用するなど、「鼻緒は足が痛くなるのでは・・・」という方にも一度お試しいただきたい布ぞうりです。
また「布ぞうりは履いていると細かい糸くずが出る。ましてやタオルでは尚一層糸くずだらけになるのでは・・・」という懸念も、編み布と鼻緒を一つ一つ丁寧にミシンで端処理をすることにより解消しました。畳の上でも糸くずを心配することなく履いていただけます。
履いているうちに鼻緒がゆるくなってくることもございますが、鼻緒の調節も可能ですのでより足にフィットさせることができ、布ぞうりをお洗濯しお日様に当てて乾かすことにより、ほんわりあったかふわふわの履き心地がよみがえります。
タオルのループが出てくることがございますが、ハサミで切って使用していただけますのでメンテナンスも簡単です。

タオルの編みひもをミシンで縫っている写真

布ぞうりで健康に!

土踏まず(足の裏のくぼんだ所)がない偏平足の人が増えているそうです。一般的に偏平足の改善には、裸足で生活したり、足の裏の筋肉をつけるために鼻緒のある草履を履くというのが効果があると言われています。
草履をはいて外出となるとコーディネイトがかなり限られたものになってしまいますが、「布ぞうり」はおうちでスリッパ代わりに履いていただけるので、毎日履くことができます。
土踏まずがないと、疲れやすい、腰痛など、様々な体への影響が出てくることもあるようですので、偏平足改善のためにも「布ぞうりライフ」をはじめてみませんか!

布ぞうりを編んでいる動画

編んでいる所を撮影してYouTubeで公開しています。今後続編もアップしていきますのでよろしければご覧ください。


▶YouTube動画『布ぞうり/タオルで編みました(その1)』編み始め

▶YouTube動画『布ぞうり/タオルで編みました(その2)』はこちら

今日の一足

紫とあずき色のタオルぞうり

販売サイト

公式販売ページです。完成品と手作りキットを販売しています。 タオル布ぞうり「ホッとするぞうり」通信販売サイト



ハンドメイドマーケット「minne」で完成品を販売しています。
ハンドメイドマーケット「minne」



ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス「Creema」で完成品を販売しています。
ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイスCreema